住宅の賃貸契約でお金が足りない時には
  • 住宅の賃貸契約でお金が足りない時には

住宅の賃貸契約でお金が足りない時には

賃貸契約で最初に必要な費用

賃貸契約で最初に必要な費用

家を借りたい・・そんな時に結ぶのは賃貸契約です。
賃貸契約でかかる主な費用は下記のものがあります。

●敷金
契約時に貸主が借主から預かるお金。
通常は解約された時には元の借主に返還されます。
しかし、破損・賃料の滞納などがある場合には、その分が差し引かれる場合があります。

●礼金
契約時に貸主に支払うお金。
敷金とは違い、解約されても返還されることはありません。

このような敷金・礼金に法律的な定めはありません。
いわゆる商慣習です。

今では、敷金礼金無しで貸しているところもあります。


賃貸契約で他に必要な費用

賃貸契約で他に必要な費用

●日割
契約の開始日が月の中途からになる場合もあるでしょう。
そんな場合は、その日からの賃料を計算します。
日割り計算する場合もありますし、貸主や不動産屋によって違いがあります。

●家賃
ほとんどの契約では、翌月分の家賃を払っていることになります。
ですから、前もって支払う必要がある場合もあります。

●住宅総合保険
共同住宅の場合、保険に入る場合があります。
これは個別の火災保険とは違います。
共同住宅の加入者全体で保険に入り、リスクヘッジをするものです。

●仲介手数料
仲介業者様に支払う手数料が必要な場合もあります。


賃貸契約の入居審査とは

賃貸契約の入居審査とは

賃貸契約をする前に、入居審査があります。

入居審査とは、入居をしても大丈夫か大家さんや不動産会社が審査を行うことです。
この審査によって、借りる側に支払い能力があるかどうかを確認するわけです。

ですから、支払い能力が無いと判断されて入居審査に受からなければ、賃貸物件を借りることができません。

では、どのような基準で審査が行われるのでしょうか。
まず、年収です。

大家さんが一番気になるのが、きちんと家賃を払ってくれるかということでしょう。

そして、入居者の支払能力を見るために年収を見ます。
年収の基準としては家賃の12ヶ月分を払う能力があるかどうかがチェックされます。


賃貸契約と保証人

賃貸契約と保証人

賃貸契約を結ぶにあたって、借主に支払い能力があるかがチェックされます。

支払い能力があるかどうかチェックするポイントとして、年収の他に雇用形態も確認されます。
定着率が低い雇用形態は、安定した収入が難しいと判断される場合もあります。

ですから、フリーターだからといって借りることができないというわけではありません。

また、保証人も必要です。
保証人は本人と同等以上の収入があるとよいでしょう。

しかし、今では保証人の代行システムも多く存在しますのであまり心配しなくても良いでしょう。

また人柄も重要です。
集合住宅の場合、まわりと仲良くやっていくなら人物の評価も上がることになります。


賃貸契約入居審査の質問

入居審査は誰が行うのか?
入居審査は、不動産会社が行います。
申し込み書類の内容確認を不動産会社が行い、大家さんが最終判断を下します。

入居審査にかかる時間は?
だいたい2日から1週間ぐらいかかります。
そんなに長い時間が掛かることはないでしょう。

フリーターでも大丈夫?
連帯保証人を立てることが大切です。
さらに、家賃を滞りなく支払っていけることを説明しましょう。

もっとも大切なのは人柄です。
人柄が評価できれば、不動産会社によって優遇してもらえる場合があります。


賃貸契約の方法

賃貸契約の時は貸主と借主そして仲介した不動産屋の3者で行うのが理想的です。
しかし、多くの場合は、仲介者と借主の2者での契約になるようです。

不動産業者は、貸主の代理人として契約を行うことになります。

賃貸契約書には以下の事柄が書類として記載されています。
●住所
●家賃
●管理費
●敷金
●礼金
●契約期間
●家賃の支払い日
●注意事項

これらの点が記載されています。
まずはしっかりと書類を確認するようにしましょう。

書類の確認をしっかりと行った後、はんこを押すようにします。
法律的にも定められた契約ですから慎重に行うようにしましょう。