主婦はキャッシング不可能に?
  • 主婦はキャッシング不可能に?

主婦はキャッシング不可能に?

改正貸金業法の施行

「改正貸金業法」とは・・・
借金に苦しむ多重債務者を救済する目的で作られた法律です。
具体的には、消費者金融・信販・カード会社に対する規制を強化する法律です。

改正貸金業法は2006年12月に成立しています。
それから段階的に規制を厳しくし、2010年6月18日までに完全施行されました。

総量規制の導入

総量規制の導入
改正貸金業法の施行により「総量規制」が導入されました。

「総量規制」とは・・・
●年収などの確認が義務化されます。
●借入の残高が年収の1/3を超えている場合は借入が禁止されます。
●キャッシング機能付きカードのキャッシング枠合計が、年収の1/3を超えている場合は借入が禁止されます。

なぜ主婦に影響があるのか?

なぜ主婦に影響があるのか?

「改正貸金業法」により、借りる側の支払能力が審査されます。

ですから収入の少ない主婦・さらには収入のない専業主婦はお金を借りることが難しくなることが予想されます。

総量規制とは?

総量規制とは?
総量規制とは・・・
個人の借り入れ総額が、年収の1/3までに制限される事です。
(除外・例外となる借り入れもあります)

総量規制の開始時期は?
2010年6月18日から、総量規制が完全に施行されます。

総量規制の対象は?
●クレジットカードを使用した借り入れ(キャッシング)の場合
総量規制の対象となります。
この場合、年収の1/3を超える借り入れがすでにある場合、新たな借り入れはできません。

●クレジットカードを使った商品購入(ショッピング)の場合
改正貸金業法(総量規制)の対象外です。
年収の1/3を超える借り入れがある場合でも、クレジットカードで買い物をすることが可能です。

総量規制のには銀行からの借り入れが含まれるのか?
改正貸金業法の総量規制は、貸金業者からの借り入れを対象としています。
ですから銀行からの借り入れは総量規制の対象外です。
銀行のカードローンも総量規制の対象外です。

連帯保証人がいても不可能なのか?
連帯保証人がいても、年収の1/3を超える借り入れをすることはできません。

既に年収の1/3の借り入れがある場合
既に年収の1/3の借り入れがある場合、すぐに規制されるわけではありません。
新たな借り入れができなくなります。
年収に含めることのできる収入について
総量規制の基準となる「年収」には、以下を含めることができます。

●給与
●年金
●恩給
●定期的に受領する不動産の賃貸収入
●年間の事業所得